徒然なるままにFC2ぶろぐなるものにむかひて心にうつりゆく由無しごとを 殴り書きつくればあやしうこそ物狂い。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
精錬にはじまり精錬に終わる即ち真理
思えば生活の一部となっている精錬
いつからはじめたっけなぁとおもいつつ回想

精錬はじめたのはコモドが実装される前くらいからかな?
ROはじめてシステムとかわかってきたころかなぁ
はずいけど俺Lv40過ぎまでもろくからでたことが
なかったんだよね それらしい知識もなくてさ

はじめはBSなんてもってなくて
頼んでたんだよなぁ、なつかしい
はじめのエモノは確かメイル。
知り合いにカンカンしてもらったの 憶えてる
その頃は+6がちょwwwwおまwww+6?wwww
とかいう感じだった気がする
そーゆうときに+6つくって一山当てようって
なったんだよね
出だしは好調。頼んだときはいつも+6できてたっけ
でさBSがほしくなって作ったんだ
そっからが精錬のはじまりだな

メイルの次に目をつけたのがブーツ
対アントニオで盛大な効果を発揮したんだけど
いつのまにか自分の装備を売って精錬してた
(赤字じゃなくて精錬資金がほしかった)
このころから自分の装備を売る癖がついてしまったな
第一次海老バブル

Sara炭鉱時代だったかな
お金をもってるっていうほどなかったけど
とりあえず装備が+7とかそろったときだ
今じゃ+4が俺の主流w
Agiは当たらなければどうということはないw

第一次海老大恐慌

なにがあってこうなったのか
なんでそうなったのか 未だに不明
Sara炭鉱時代が終わってLisaに移って
星空の絆っていうギルドにはいっていたころかな
とりあえず防具が店売り
武器はなし→素手で3ヶ月くらいすごした
装備は売っちゃった系だったのかな。

第二次海老バブル

時代はとんで
BoEの頃。はじけたさ
精錬につぐ精錬。精錬なしではありえない生活が続くw
お金ありあまってどうしようっていう感じの頃
特化ブースターとかいっぱいそろえたな

海老恐慌時代突入

まさしく一昔前の日本状態
SFCのソフトが1万円くらいの時代ww
アイテムを買うので精一杯で
装備を買っては売って買っては売っての繰り返し
だいぶ長いこと続いたな
特化もみるみる減っていったな
亀地上にもアサでいってたからすげー赤字だったな

BoE終盤~Cogito時代

お金を借りて精錬するというスタイルが主流になる
ようするに投資で利益をあげ会社を再生するがごとくの作業
頼まれる精錬も増えてきた
多くの+10や+9が作れた

第二次海老大恐慌←いまここ

いつものように20M借りた
黒字になったはずなのに叩いて無に帰した
そんなのが続いて目も当てられないようになった
これからどうして返済しようかなぁ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご・・・ご利用は計画的に(*´ω`)
2006/03/31(金) 11:53:50 | URL | ふじ #-[ 編集]
リアルでも計画性ありません
(´・ω・`)
でもリアルはほら・・ね
2006/04/01(土) 21:38:31 | URL | えび #VaKI1hZI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。