徒然なるままにFC2ぶろぐなるものにむかひて心にうつりゆく由無しごとを 殴り書きつくればあやしうこそ物狂い。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一方フランスでは
【10月24日 AFP】
フランス上院議会は23日、新たな移民法案を285対136の賛成多数で可決した。
この法案は、外国人がフランス国内に住む親族に加わる場合は、
血縁確認のためのDNA鑑定が義務づけられるというもので、
人種差別反対を訴える複数の団体などからの反発を招いていた。
 
 国民議会でも反対票をわずかに上回り、既に可決されている。

 国内では抗議デモが行われ、与党内でも反対者が出るなど、
ニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)大統領は批判にさらされている。

 人権の基本原理に基づいての判断ではなく、DNA鑑定での判断は危険だと野党は主張。
これに対し同案を起草したブリス・オルトフー(Brice Hortefeux)移民・国家アイデンティティー相は、
野党は基本原理に基づいて反対しているのではなく、政治的な策略として利用しているとして、
同法案を擁護した。
(c)AFP
コメントで紹介してくださった記事を転載

>人権の基本原理に基づいての判断ではなく、DNA鑑定での判断は危険だと野党は主張。
これに対し同案を起草したブリス・オルトフー(Brice Hortefeux)移民・国家アイデンティティー相は、
野党は基本原理に基づいて反対しているのではなく、政治的な策略として利用している

まさに同じですね この辺w
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。